LOVE THE CURRY VOL.22

ごろごろチキンと、粗挽き鹿肉のキーマ。どっちもおいしい合がけカレー


定番チキンカレーと鹿肉キーマカレーの合いがけカレーライス

京阪藤森駅近くの住宅街にある「喫茶 うずら」は、コーヒーとカレーが評判の喫茶店。定番のカレーは、鶏もも肉がごろごろ入ったチキンカレー(780円税込)。新鮮な鶏ガラをじっくり5時間煮込んだスープに、すりおろしたニンジン、トマト、リンゴを加えてさらに煮込んだベースが味の要。たっぷりの炒め玉ねぎも手伝って、1口目はフルーティーな甘みが際立つが、その後、辛さの波がやってくる。その秘訣は、ブレンドした3種類のカレー粉。キリッと爽快感のある辛味が心地よい。また、美山の鹿肉を使ったキーマカレー(900円税込)も人気。粗挽きにした鹿肉は、臭みもなく深い旨味がしみじみおいしい。卵を絡めて食べると、辛さもマイルドに。せっかくなら、どちらも一緒に楽しめる合いがけをぜひ。サラダ、ヨーグルト付。990円(税込)


喫茶うずら
(きっさうずら)

住所 京都市伏見区深草西浦町6-31
TEL 075・642・8876
営業時間 9:00-18:30
定休日 日曜・祝日休
WEBサイト https://www.cafe-uzura.info/


PHOTO 三村博史

当ページに掲載されている店舗情報は、2019年4月21日時点のものです。
営業情報やメニュー等が異なる場合がありますので、事前に確認の上ご利用ください。

<京都で暮らす>