Tell Me! Stationery Masters!No.001

 文具好きの編集Mが、今おすすめのアイテムを求め、京都の文具店を巡る新コーナー。第1回は読書の秋に向けて、文庫本が包めるブックカバーとブックマーカー(しおり)を探しに、京都BAL地下にある書店「丸善 京都本店」へ!

フロア総面積1000坪を誇る京都本店には、豊富な和書や洋書はもちろん、文具だけでも約2万8000点ものアイテムを揃える。ブックカバーやブックマーカーは地下1階の文具コーナーに。見ているだけで楽しくなる品揃えに、ワクワクが止まらない!

 

プロに訊く!文具案内<ブックカバー&ブックマーカー>


文庫本サイズのブックカバーは需要が高く、種類も豊富。布や紙素材のほか防水加工タイプもあるので、シーンに合わせてチョイスして。文庫のほか、新書やコミック、ハードカバーの単行本まで、1枚で様々な大きさの本を包めるフリーサイズのものも。

「男性の方も使いやすい、シックなカラーやシンプルなデザインも取り揃えています!」

まさめや 文学ブックカバー 各1,000円(税別)

(左から)中島敦『山月記』、森見登美彦『四畳半神話大系』、夏目漱石『吾輩は猫である』、小泉八雲『怪談』、坂口安吾『桜の森の満開の下』

誰もが一度は読んだことのある名作から近代作品まで、日本の文学作品をテーマにデザインされたブックカバー。それぞれの作品に合わせて選ぶもよし、好みのデザインで選ぶもよし。書店である丸善らしさバツグンのイチオシアイテム!全て文庫本サイズ。
宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

まさめや 戦国武将ブックカバー 各1,000円(税別)

戦国武将の家紋をモチーフにした、和の色合いが上品なブックカバー。布製だから、厚みの違う本を包んでも折り目が気にならないのがGOOD!歴史小説を包むのにぴったり…!?全て文庫本サイズ。

エーヨン 活字ブックマーカー 各700円(税別)

活字をモチーフにしたブックマーカー。本から活字が飛び出してきたような見た目がインパクト大!薄く弾性のあるポリプロピレン製で、本との相性はバッチリ。ちょっとした贈り物にも◎「寿」や「祝」の字はお祝いのプレゼントに!

サムシング社 thumb thing(サムシング) 各350円(税別)

穴に親指を通し、ウイング部分で開いたページを押さえることで、片手でも安定して本が持てる便利アイテム。本に挟んで閉じると、しおりにもなる2WAY仕様!穴の大きさはS~XLの4種類。自分の指に合ったサイズを選ぼう。

 


丸善 京都本店
(まるぜん きょうとほんてん)

住所 京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 地下1階~地下2階
TEL 075・253・1599
営業時間 11:00-21:00
定休日 無休(年始を除く)


PHOTO 三村博史

当ページに掲載されている店舗情報は、2018年8月21日時点のものです。
営業情報やメニュー等が異なる場合がありますので、事前に確認の上ご利用ください。

<京都で暮らす>