フワッフワ!のエスプーマ風!?

有喜天そば

全卵と納豆をフワフワになるまで練り合わせ、出汁、細打ちの蕎麦と合わせた「有喜そば」は、先代から続く名物。そこにサクッと軽~く揚がった天ぷらを乗せた「有喜天そば」なら、食感も楽しい。卵はヨード卵光を、納豆は大粒の紫竹納豆を使用。1,180円(税込)


昭和初期から3代続く、蕎麦処・有喜屋。地元、先斗町の芸舞妓にも、日常的に愛されている。使用する蕎麦粉は、北海道産を中心にすべて国内産。それを切り幅1.2mmの細打ちにする。店頭では、職人が蕎麦を手打ちする様子が間近で見られることも。鰹が効いた出汁は、創業以来変わらぬ味。品書きには、名物「有喜そば」はもちろん、セットーメニューや一品物などまで充実。「ひとり呑み」から、家族連れ、観光まで、幅広く「ほんまもん」の京の蕎麦を堪能できる。



有喜屋 先斗町本店
(うきや ぽんとちょうほんてん)

住所 京都市中京区木屋町通三条下ル125
(先斗町歌舞練場北隣)
TEL 075・221・2978
営業時間 11:30-15:30
17:30-20:30(L.O.)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日) 
ホームページ http://www.ukiya.co.jp/


PHOTO 三村博史

当ページに掲載されている店舗情報は、2018年8月21日時点のものです。
営業情報やメニュー等が異なる場合がありますので、事前に確認の上ご利用ください。

<京都で暮らす>