※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、掲載の飲食店について営業時間や営業形態の変更、臨時休業等、取材時と状況が異なる場合があります。最新の情報は各店の問い合わせ先、ホームページ、SNS等をご確認下さい。

LOVE THE CURRY VOL.26

ガツン!とスパイシー
スープを合わせて完成する「漢気(おとこぎ)キーマ」


漢気キーマ

宇治市槇島町に店を構えるカレー専門店。大の米好きである店主・鈴木さんが魅せられた伏見産「ヒノヒカリ」に合う、日本人好みのカレーを提供している。イチオシは、伏見のうどん店とのコラボから生まれたという「漢気キーマ」。豚ミンチと香味野菜、10種類のスパイスを使ったキーマカレーで、ひと口目からガツンとくるスパイシーな風味が何ともクセになる。直火で炊き上げる、しっかりと粒の立ったごはんも主役級。そのままの形で味わうのももちろん美味しいが、鈴木さん曰く、追加の「スパイス茶漬け用スープ(+108円)」をかけた姿が完成形。パンチのあるカレーを鶏スープがふわりと包み込み、力強さと優しさを兼ね備えた“漢気”あふれる味わいへと変化する。ピリッと辛みの効いた高菜が好相性な「高菜アレンジ(972円)」も、ぜひ。サラダ、アイスクリーム付。918円(すべて税込)※写真は、高菜アレンジ+スパイス茶漬け用スープ

※価格は2019年8月29日時点のものです。変更になる場合があります。予めご了承ください。