※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、掲載の飲食店について営業時間や営業形態の変更、臨時休業等、取材時と状況が異なる場合があります。最新の情報は各店の問い合わせ先、ホームページ、SNS等をご確認下さい。

京都の名店がタッグ


ミルク、バター不使用で、粉とイーストの香りが豊かな「HANAKAGO」のパンに、柔らかく炊き上げた「中村製餡所」の粒あんをたっぷり載せたあんバタトースト。甘い餡と、じゅわ~っと滲み出るバターとの甘じょっぱいバランスが最高。食通としても知られるエッセイストの入江敦彦さんの縁で生まれた名物メニュー。コーヒーとセットでぜひ。あんバタ(セット)1,250円(税込)

開化堂の美意識とこだわり


明治8年創業。手造り茶筒の老舗「開化堂」が2016年にオープンさせたカフェ。昭和2年建築の登録有形文化財でもある、旧京都市電内濱架線詰所を生かした造りが、レトロモダン感じる佇まい。こちらでは、開化堂の茶筒はもちろん、手仕事による工芸品の良さに触れることが出来る。「中川ワニ珈琲」によるKaikadoブレンドコーヒーや、那須高原にある有名店「チーズガーデン」による茶筒をイメージしたチーズケーキなど、メニューにも、開化堂の美意識とこだわりが感じられる。