※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、掲載の飲食店について営業時間や営業形態の変更、臨時休業等、取材時と状況が異なる場合があります。最新の情報は各店の問い合わせ先、ホームページ、SNS等をご確認下さい。

可愛い店内とは裏腹に、メニューは本格的!


フードロス削減を目的に京都中央卸売市場「丸福水産」の娘さん姉妹が立ち上げた惣菜店。可愛い店内とは裏腹に、メニューは新鮮な魚料理やだしから丁寧に作ったお惣菜など本格的!「京都の食文化を20代の感性で再解釈して広げたい」と料理担当の長女・佳未さんは話す。(手前左)約6時間煮込んだイワシの炊いたん(400円)は、骨まで柔らかくじゅわっと味が染みている。(手前右)サーモンの南蛮づけ(600円)は看板メニューのひとつ。(奥)たこのマリネ(400円)はレモンが爽やか。

佳未さんが作るスイーツも大人気。りんごキャラメルパウンドケーキや新鮮な果物と砂糖のみで作られたジャムは完売することも。

「若い人にもカフェに寄る感覚で来てほしい」


「若い人にもカフェに寄る感覚で来てほしい」と、店内は韓国カフェのようなデザインに。今春登場のピクニックセットにも注目!梅小路公園でお洒落に“梅ピク”はいかが?