※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、掲載の飲食店について営業時間や営業形態の変更、臨時休業等、取材時と状況が異なる場合があります。最新の情報は各店の問い合わせ先、ホームページ、SNS等をご確認下さい。

ニューヨークの定番屋台フード


自転車屋さんの跡地にオープンした「mantis」は多国籍・ジャンルレスなおもしろさが魅力。店主は以前寺町四条の「カフェチャム」を経営していた山田さんで、「ふらっと寄れる地域の駄菓子屋さんのようなお店を実現したい」と話す。ニューヨークで食べた美味しさを日本でも再現したいと生まれたこの「チキンオーバーライス」は、「カフェチャム」時代からの人気メニュー。ターメリックライスの上には11種類のスパイスでマリネされた鶏肉がたっぷり。サワークリーム、ヨーグルトソース、チリソースとしっかり混ぜて味わって。爽やかなのにこってりで一度食べたらやみつきになるはず!チキンオーバーライス900円(税込)
 
看板メニューのクレープはもちもちの皮にクリームがたっぷりで、持つとずっしりくる重量感がうれしい。季節ごとのメニューも続々登場しており、ただいまいちごフェア開催中!中でも揚げ餅・つぶあん・いちご入りの生いちご大福クレープ(500円税込)が人気だとか。お腹いっぱいになれる唐揚げやコロッケが入ったおかずクレープも好評。クレープは半額でキッズサイズに変更可能。
 

どこか安心感のあるビタミンカラーの店内


ビタミンカラーの店内は見どころいっぱい。国も時代もごちゃまぜなのに、どこか安心感のある不思議な空間。ベトナムのタイルが敷き詰められた床までもおもしろい。