※新型コロナウイルス感染拡大の影響で、掲載の飲食店について営業時間や営業形態の変更、臨時休業等、取材時と状況が異なる場合があります。最新の情報は各店の問い合わせ先、ホームページ、SNS等をご確認下さい。

旨みと食感がたまらないジャンボなめこがたっぷり


人気店「炭火焼く鳥ソリレス」やSour」を手掛ける鈴木弘二さんが、つい足が向くという東京の立ち食いそば文化に魅力を感じ、昨年末にオープン。4種類の節と利尻昆布でとった関西風の甘めのつゆを、自家製で細めに仕上げた二八そばがよく絡め、つい飲み干してしまう。凝縮された旨みと食感がたまらないジャンボなめこがたっぷり。他にピーマン天やたらばカニカマ天など多彩なメニューを用意。飛騨ジャンボなめこ900円+温泉玉子100円

カウンターや内装が個性的!


カウンターとして使う陶芸作家の作品や、建材むき出しの内装が個性的だが、そばはしっかり本格派。ふんわりと絶妙な握り加減のおにぎりも絶品。